読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Writing Virtual Life

仮想化(VMware)などについて、重箱の隅をつつくタイプのブログ。

VMware製品のうるう秒問題の影響(2015年版)

2015年7月1日に起きるうるう秒問題。
実際には2006年から3年おきに発生しており、その都度対応されている。
VMwareが現在うるう秒に対して述べているKBは以下。

VMware Product support of leap seconds (2115818)
http://kb.vmware.com/kb/2115818

2015/5/21時点の修正対象製品:
vCenter Server Appliance
・5.0
・5.0U1b     →5.0U2以降にアップグレード
・5.1.0a
・5.1.0b     →5.1U1a以降にアップグレード

ただしこのKBは情報が入り次第都度更新されるため、定期的に確認しておくとよい。
また、いきなりKBが消される可能性もあるのでVMware KBでの検索も必要。
(別の方がまとめられていた以下記事のKBが気づけば削除されてたり・・・いきなり消されると問題あったのかって不安になりますね)

vSphereへのうるう秒調整の影響
http://qiita.com/tsukamoto/items/5bbecd29ac40ac16e039

一応ご留意しておいたほうがいい情報でした。