読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Writing Virtual Life

仮想化(VMware)などについて、重箱の隅をつつくタイプのブログ。

vSphere 6.0におけるvSphereHAのパワーオフVMの挙動について

VMware
vExpert Advent Calendarに触発されて何か1件出してみようかと思い投稿です。
私は今年もブログ月一更新を達成できず・・・残念・・・。
 
vForum2015のあるセッションでも一部話が出ていたのですが、vSphere 6.0になってHAのある挙動がこっそり変更されました。
それは、ホスト障害時のパワーオフVMに対するvSphereHA処理(VM再登録)です。
 
従来(~vSphere5.5)、vSphereHA構成のクラスタにおいて、ホスト障害が発生した際、
・パワーオンVM:別のホストで再起動します
・再起動優先順位が"無効"のVMやパワーオフVM:そのまま元ホストに残る
という挙動になっておりました。
ですが、vSphere6.0での場合、後者VMは別ホストに再登録されるようになります(再起動は実施されません)。
この処理は計画的なホストシャットダウンでも発生する可能性があるため、不用意にホストを停止させようものなら想定していないVMまでvSphereHAが動作しホスト間移行してしまうということになります。
 
この挙動、公式ドキュメントにはどう記載されているのかなと思い確認したところ、vSphere6.0ドキュメントの可用性ガイドに以下の文言が追加されているのを見つけました(5.5の同ガイドには記載ありませんでした)。

ホストに障害が発生すると、vSphere HA は、パワーオンされていて再起動の優先順位設定が無効になっている仮想マシン、またはパワーオフされている、影響を受ける仮想マシンをアクティブなホストに登録しようとします。
 
vSphere 6.0 ドキュメントセンター - ホスト問題に対する対応の判断
 
vSphere 5.5 ドキュメントセンター - ホスト問題に対する対応の判断

 
ある詳細パラメータを設定することで、この挙動を5.5以前のものに戻すことができるそうですが、Webでは見つかりませんでした。詳しくはお近くのVMware社SEさんにご確認いただくのがよろしいかと。
 
HAを組んでいる以上移行しても問題ない構成になっているとは思いますが、この挙動変更を知っておかないと、気づかないうちにHAが動作して「?」ということになりかねないので、ご参考までに。