読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Writing Virtual Life

仮想化(VMware)などについて、重箱の隅をつつくタイプのブログ。

vSphere 6.5導入のVMware 拡張認証プラグイン(Web Client)

VMware
 vSphere6.0から6.5にかけて、Web Clientで使用するプラグインが変わっています。
 気になって調べてみました。わかった範囲でのご紹介。
 
・vSphere 6.0 名前:VMware クライアント統合プラグイン
・vSphere 6.5 名前:VMware 拡張認証プラグイン
 
VMware 拡張認証プラグインは、vSphere 6.0 リリース以前のクライアント統合プラグインの後継となる機能です。統合 Windows 認証と Windows ベースのスマート カード機能を提供します。
 
 それぞれの機能例が以下。
 6.0は多くの機能をプラグインにまとめていましたが、6.5だとすっきりしていますね。
 
○クライアント統合プラグイン(6.0)
 ・統合Windows認証
 ・OVF/OVAテンプレートのデプロイ(自端末のファイルから)
 ・仮想デバイスの接続
  ゲストOS に対する、インストール メディアのアップロード など
 ・Web Clientコンソールの一部の特殊操作
  画面最大化 など
 
○拡張認証プラグイン(6.5)
 ・統合 Windows 認証
 ・Windows ベースのスマート カード機能
 
 じゃあ外された機能は使えなくなったのかというと、実際にはプラグインなしで実現できるようになっているようです。例えばOVFテンプレートのデプロイ機能はプラグインなしでも使えます。
OVF および OVA テンプレートのデプロイ
以前のバージョンの vSphere では、OVF または OVA テンプレートのデプロイおよびエクスポートのためにクライアント統合プラグインをインストールする必要がありました。vSphere 6.5 では、OVF または OVA テンプレートのデプロイおよびエクスポートのためにクライアント統合プラグインをインストールする必要はありません。 

 

 ゲストOSに対してisoイメージを認識させる機能についても、ドキュメント記載の前提条件からプラグインの記述が外されています。
 
 クライアント端末にプラグインをインストールすることが少し悩みでしたが、6.5にて改善されたように思いますので、これはうれしい限りです。あとは、アクセスするユーザに対してプラグインインストールをさせる必要がないのなら、インストール要求をしないようにする機能がほしいところ。要確認です。